スタプロTOPへ戻る
プログラミングで自由研究

監修/青山学院大学客員教授 阿部和広
文/塩野祐樹

点を描く方法

次は点を描いてみよう。「ペンを下ろす」は、ステージ上にペン先をくっつけるイメージだったよね。だから、「ペンを下ろす」をするだけで、点を描くことができるんだ。ペンを下ろしたままネコを動かすと線になってしまうので、すぐに「ペンを上げる」をしよう。

まずは、ネコをいちばん最初の状態に戻して、ステージ上に描いた線を消しておこう。ペンも上げておくよ。

図

では、点を打つよ。

図図

ん?点が描けてない?と思ったら、すご~く小さな点が描けてた! これはペンの太さが細いから見えにくかったんだ。「ペンの太さを1にする」を選んで、「1」を「10」にしよう。これをさっきのブロックの上にくっつけて、クリックしてみよう。

図図

今度は大きな点になったね。ほかのブロックを使うと、ペンの色や濃さを変えられるので、いろいろ試してみてね。

次のステップ ヒマワリのタネを並べるヒント に進む

ページトップへ