スタプロTOPへ戻る
micro:bitでレッツ プログラミング!

子供の科学2018年10月号からはじまった「micro:bitでレッツ プログラミング!」の連載と連動した特設ページ。ここでは、連載で使用する「KoKa micro:bit探検ウォッチキット」の紹介や、micro:bitのプログラミング環境「MakeCode for micro:bit」の使い方のポイント、関連する動画など、参考になる情報をまとめているよ。

KoKa micro:bit探検ウォッチキットを
手に入れよう!

KoKa micro:bit探検ウォッチキットを手に入れよう!

micro:bit本体に、ボタン電池がセットできて、ベルトがつけられるバングルモジュールにベルトなどが付属し、micro:bit単体でも実験ができるように専用の電池ボックスと、いろんな実験に使えるワニ口クリップがセットになっているよ。

セットオリジナルの小冊子には、micro:bitの解説や、探検ウォッチの詳しいつくり方と、「ダンボールスイッチ」のつくり方が載っているよ。「ダンボールスイッチ」の工作は、この小冊子だけのスペシャルな内容だよ。

KoKa Shopで購入する

micro:bitをはじめよう!

micro:bitを入手したら、さっそく体験してみよう! 

まずはキットに入っている電池ボックスに単4電池(別売)を入れて、micro:bit本体に接続しよう。電池ボックスのスイッチをオンにしたら、micro:bitのLEDディスプレイに注目!下の動画のようにLEDが光りだすよ!ディスプレイに表示される内容にあわせて、ボタンを押したり、micro:bit本体を傾けたりしてみよう!

コカムービーで動画を見る

「MakeCode for micro:bit」を使いこなそう

micro:bitのプログラミング環境は「MakeCode for micro:bit」と呼ばれているよ(長いのでこれからMakeCodeと呼ぶことにする)。この連載では、MakeCodeを使ってmicro:bitをプログラミングしていくよ。

MakeCodeの使用環境について

MakeCodeのアクセス方法

プログラミングのポイント

「micro:bitでレッツプログラミング」が載っている「子供の科学」のご購入は

こちら

ページトップへ