Scratch 3.0でプログラミングをはじめよう!

 スクラッチ(Scratch)は画面上
がめんじょう
のブロックをマウスで組み合わせることで、ゲームやアニメーションなどのプログラムをつくることができるプログラミング言語だ。

 2019年1月には3.0にバージョンアップ。スクラッチ3.0についていろいろな情報をまとめたよ。さあこれでプログラミングに挑戦
ちょうせん
してみよう!

1 スクラッチ3.0はこんなことができる!

 2019年3月号に掲載
けいさい
した記事のバックナンバーを
むことができるよ。スクラッチ3.0はどんなことができるのか、この記事を読んでみてね!

2 スクラッチを起動してみよう

 スクラッチはウェブブラウザーでサイトに接続
せいぞく
することで、プログラミングができるんだ。インターネットがつながるパソコンやタブレットがあればいい。もちろん、ジブン専用パソコンでもプログラミングができるよ。

●パソコンの場合

 対応しているウェブブラウザーは、Chrome (63以上)、Edge (15以上)、Firefox (57以上)、Safari (11以上)だよ。Internet Explorerには対応していないから注意してね。

●タブレットの場合

 対応しているウェブブラウザーは、Mobile Chrome (62以上)、Mobile Safari (11以上)が必要だ(iPadではSafariがおすすめ)。

 スマートフォンは、画面の大きさなどの関係
かんけい
で、プロジェクトの実行はできるけど、作成
さくせい

むずか
しい。

2.1 スクラッチ3.0の起動(パソコン)

 ウェブブラウザー(ここではWindows10のChrome72を使う)を起動
きどう
したら、次のURLを検索窓
けんさくまど
に入力して開こう。
https://scratch.mit.edu/

 スクラッチのウェブサイトのトップ画面が開いたら、スクラッチのアカウントを持っている人は、右上の「サインイン」をクリックしてサインインしよう。持っていない人は、この機会
きかい
につくることをおすすめするよ(アカウントのつくり方は、「3 スクラッチのアカウントのつくろう」を読んでね)。アカウントがなくてもスクラッチでプログラミングはできるけど、プロジェクトの共有
きょうゆう
自動保存
じどうほぞん
などの便利
べんり
な機能が使えないんだ。

 とりあえず、アカウントがなくても使えるので、左上の「作る」をクリックしてみよう。エディター画面が開くよ。

スクラッチホームページのトップページで「作る」をクリック
スクラッチWebサイトのトップ画面
スクラッチのエディター画面
エディター画面

2.2 スクラッチ3.0の起動(ジブン専用パソコン

 ジブン専用パソコンでスクラッチ3.0を使う場合、OSは「Raspbian Stretch(ラズビアン ストレッチ)」じゃないとうまく動かないよ。旧バージョンのジブン専用パソコンを使っていて、OSをバージョンアップしていないなら、バージョンアップをしてほしい。
 OSのバージョンアップについては、「「KoKaジブン専用パソコンキット」のユーザーのみなさまへ」の「Q 新しいOSやアプリは使えますか?」を参考にしてね。

 まず、タスクバーの左から二番目にある地球のアイコンをクリックするか、スタートメニューの「インターネット」から「Chromium ウェブ・ブラウザ」を選んで、ブラウザー(クロミウム)を開こう。

スタートメニューの「インターネット」から「Chromium ウェブ・ブラウザ」を選んで、ブラウザー(クロミウム)を開く

 ブラウザーが開いたら、「scratch.mit.edu」を検索窓に入力して、スクラッチのサイトを開こう。このアドレスは何度も使うから、開いた後に検索窓の右にある「☆」をクリックして、ブックマークしておくといいかも。

ブラウザーでスクラッチのサイトを開く

 次に、スクラッチのサイトがひらいたら、あとはパソコンで使うときと同じだ。アカウントを持っている人は「サインイン」をクリックしてサインインをしよう。

スクラッチのサイトで、アカウントを持っているならサインインをする

3 スクラッチのアカウントをつくろう

 スクラッチはアカウントがなくてもプログラムがつくれるけど、アカウントは持っていた方が便利だ。ここではアカウントをつくる方法を紹介しよう。

 ただし、アカウントをつくるときは保護者
ほごしゃ
の人とよく相談
そうだん
して、必ず一緒
いっしょ
作業
さぎょう
しよう。

3.1 スクラッチのアカウントのつくり方

 アカウントを作るときは、保護者の人とよく相談して、必ず一緒に作業しよう。その
さい
、ちゃんとメールが届くメールアドレスが必要
ひつよう
になる。特に13歳未満
さいみまん
の場合は、本人ではなく、保護者のメールアドレスが必要なので気を付けよう。子供だけでつくったり、うその情報
じょうほう
は入力したりしないように!もし
こま
ったことがあっても連絡
れんらく
できなくなるよ。

 準備
じゅんび
出来
でき
たら、画面右上の「Scratchに参加
さんか
しよう」をクリックして、あとは画面の指示
しじ
にしたがって入力していけば大丈夫だ。

スクラッチのアカウント作成画面

 登録
とうろく
完了
かんりょう
したら、入力したメールアドレスに確認
かくにん
のメールが
とど
く。ここでは「KoKaStaPro」というユーザー名で登録したよ。確認のメールにある「電子メールアドレスの認証
にんしょう
」をクリックすると、すべての機能が使えるようになる。

スクラッチに登録したメールアドレスの認証画面

保護者のみなさんへ
 スクラッチには参加者同士が交流するSNSの機能もあります。ご家庭でネットの使い方を良く話し合って登録するようにお願いします。また、スクラッチにはコミュニティーガイドラインというルールがあります。
https://scratch.mit.edu/community_guidelines/
 お子様と一緒によくお読みいただき、ちゃんと守れることを約束してから、お使いになるようにお願いします。登録後も、お子様がどのように使っているかを見守っていただければと思います。

4 スクラッチの歴史

 スクラッチの最新バージョンは3.0だけど、これまでのスクラッチとどうちがうのかな? 最初のスクラッチからのちがいを紹介するよ!

 最初のスクラッチが一般
いっぱん
に公開されたのは2006年。スモールトーク(Smalltalk)というプログラミング言語で書かれたパソコンの上で動くアプリケーションだった。つくった作品(プロジェクト)をインターネットに公開して、他の人に見てもらうには、ジャバ(Java)を使っていたんだ。2013年にスクラッチ2.0がリリースされ、ウェブブラウザーの上で直接
ちょくせつ
プロジェクトをつくって公開できるようになった。

スクラッチ1.4
スクラッチ2.0

 これを実現
じつげん
するために使われたのがフラッシュプレイヤー(Flash Player)だ。当時
とうじ
はフラッシュプレイヤーを使うのは当たり前だったけれど、タブレットやスマートフォンなどでは動かないという欠点
けってん
があった。また、最近
さいきん
になってセキュリティ上の問題が見つかるようになったんだ。もちろん、見つかるたびに修正しているけれど、それもだんだん大変になってきた。
そこで、フラッシュプレイヤーに変わる技術
ぎじゅつ
を開発する必要がでてきた。それが、HTML5だ。HTML5は、最近のWebブラウザーには標準
ひょうじゅん
で組み込まれていて、速度
そくど
信頼性
しんらいせい
も十分に高い。そして、タブレットやスマートフォンでも動かせると良いことずくめだ。

 スクラッチ3.0は、このHTML5を使って、全面的
ぜんめんてき
に書き直されている。デザインも最近の流行
りゅうこう
を取り入れた、
かげ
のない平面的
へいめんてき
なフラットデザインに変わり、見やすく、使いやすくなっているよ。

スクラッチ3.0

Scratch is a project of the Scratch Foundation, in collaboration with the Lifelong Kindergarten Group at the MIT Media Lab. It is available for free at https://scratch.mit.edu.

最新情報をチェックしよう!