第5回 カメラがプレイヤーを追いかけるようにしよう

 プロのゲームクリエイターも使っている、2D/3Dゲーム開発エンジン「Unity(ユニティ)」。3D迷路を探検するゲームをつくりながら、Unityでのゲームのつくり方を紹介しているよ。

 第4回ではプレイヤーをつくって、動かすためのプログラミングもしたね。ほぼ完成に近づいてきたけど、今回はカメラの位置を変えることで、ゲームをプレイするときの視点を変えよう。

1 カメラの場所をプレイヤーの背後に変える

 前回と同じように、Unity Hub(ユニティ ハブ)を起動して、「プロジェクト」にある「Maze Game」をクリックしよう。ちゃんと保存をしていたら、3D迷路にプレイヤーがいる状態でUnityが起動するよ。 まず、カメラの位置を確認しよう。

① Hierarchy
ヒエラルキー
ウィンドウで「Main
メイン
Camera
カメラ
」をクリックすると、「Scene
シーン
」ビューの右下に「Camera
カメラ
Preview
プレビュー
」が表示される。それが今のカメラの視点だ。

Hierarchyウィンドウで「Main Camera」をクリックすると、「Scene」ビューの右下に「Camera Preview」が表示される。

 プレイヤーをあちこち動かしていると、迷路上じゃなくて、迷路のずっと上の方や床の下。迷路の外に行ってしまうことともあるね。その場合は、Inspector
インスペクター
ウィンドウの「Position
ポジション
」で、Xを0、Yを1、Zを0にすると中心位置に戻ってくるよ。

② 右下の「Camera Preview」を確認しながら、カメラの位置を動かしてプレイヤーの背後に置こう。オブジェクトを動かすときは、「Move
ムーブ
Tool
ツール
」ボタンをクリックする(第2回を参考にしてね)。「Camera Preview」でプレイヤーが目の前にきたらその位置でだいじょうぶだ。

「Camera Preview」を確認しながら、カメラの位置を動かしてプレイヤーの背後に置く

2 カメラをプレイヤーの子オブジェクトにする

 カメラをプレイヤーの背後に置いたら、カメラをプレイヤーの子オブジェクトにしよう。Unityではオブジェクトで「親子関係」がつくれる。親子関係をつくった場合、子オブジェクトは、親オブジェクトについて動くようになる。このゲームでは、カメラがプレイヤーについて動くようにするんだ。

① Hierarchyウィンドウで「Main Camera」を「Player
プレイヤー
」にドラッグ&ドロップする。

Hierarchyウィンドウで「Main Camera」を「Player」にドラッグ&ドロップする。

②「Player」の下に「Main Camera」が表示された。これで「Player」が親オブジェクトで、「Main Camera」が子オブジェクトになったということなんだ。

「Player」の下に「Main Camera」が表示された。「Player」親オブジェクトで、「New Camera」が子オブジェクト

③ UnityのPlayボタンをクリックして、カーソルキーでプレイヤーを動かしてみよう! Sceneビューでは、カメラがプレイヤーについて動いているのがわかるよ。「Camera Preview」や、Game
ゲーム
ビューを見たら、プレイヤーと一緒に動く様子がわかるよ。

Playボタンをクリックして、カーソルキーでプレイヤーを動かしてみると、プレイヤーを追いかけるようにカメラが動く

3 3D迷路ゲームが完成だ!

 ここまで出来たら、3D迷路ゲームが完成だ。スタート位置にプレーヤーを置いて、Playボタンをクリック。カーソルキーで操りながら、ゴールまでたどり着けるかやってみよう!

 今回つくった迷路はわりとかんたんなので、すぐにクリアしてしまうかも知れない。かんたん過ぎると思ったら、ぜひ改造してみよう! 壁を追加してもっと迷路を複雑するのもいいね。プレイヤーの形を変えてみてもいいぞ。いろいろ試してみてね。

 ゲームをつくるのいったんやめるときには、プロジェクトを保存するのも忘れずに。第3回で説明しているよ。

 「Unityで3D迷路ゲームをつくろう!」は今回で最終回だ。3D迷路ゲームをつくったら、ゲームプログラミングにもっと興味がでてきたかな。Unityはプロのゲームクリエイターも使っているから、もっと高度なゲームをつくることもできるんだ。

 もっと使ってみたい!と思ったキミは、子供の科学とLITALICOワンダーのコラボで、Unityでゲームをつくるワークショップを開催! ぜひチャレンジしてほしい。ワークショップでは宝探しゲームをつくるゾ!

(記事協力:LITALICOワンダー)


本ワークショップは新型コロナウイルスの感染防止のための対策をした上で、5月5日・6日に開催できるように準備をしてまいりましたが、政府より開催場所の東京都・神奈川県・埼玉県を対象に5月6日までの期間、緊急事態宣言が発令されたことを受け、開催延期を決定いたしました。
代替開催日につきましては、決定次第「KoKa Shop!」、「スタプロ」サイト、および『子供の科学』誌面にて発表させていただきます。
本ワークショップを楽しみにしていただいていた皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

Unityでのゲーム制作が体験できるワークショップを開催! 

LITALICOワンダー×子供の科学「Unityで宝探しゲームをつくろう」

LITALICOワンダーと子供の科学がコラボ! Unityを使って本格的な3Dゲームづくりにチャレンジするワークショップを開催。3D空間のフィールドに隠されたお宝を探してゲットするゲームをつくるよ。 この連載でUnityに興味を持ったら、ぜひ参加してね!

開催日

2020年5月5日(火・祝)6日(水・祝)

開催場所

LITALICOワンダー各教室(吉祥寺・渋谷・秋葉原・横浜・大宮・立川・押上・町田・横浜桜木町・川崎)

その他

詳しい内容・開催時間などはKoKa Shop!にてご確認ください。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止対策のため、イベント開催を中止・延期する場合がございます。最新情報はKoKa Shop!のページにてご確認いただきますようお願いいたします。お申し込み後に中止・延期が決まった場合は、返金をさせていただきます。

最新情報をチェックしよう!